国宝「島津家文書 岩倉具視伝記絵巻」安政年間酒井忠義へ賜膳図
                         (図録『特別展 幕末維新の激動と福井』より)

国宝に見る小浜藩主・酒井忠義

 

  五百円紙幣の肖像となった公卿岩倉具視は

 

明治維新の元勲の一人です。

 

この具視を、

 

明治に入っても旧小浜藩士たちは何かと頼っていますが、

 

最初に深い絆で結ばれたのは十三代小浜藩主の酒井忠義でした。


 二度目の京都所司代を務める忠義は、

 

安政の大獄後の京都で、

 

具視とともに和宮降嫁による公武合体政策を積極的に推進します。

 

その関係を深める契機の一つが、

 

この(国宝「島津家文書 岩倉具視伝記絵巻」)に描かれた

 

「所司代酒井忠義に御膳を賜う図」です。

 

名誉と思い御所へ出かけた忠義が食した御膳は、

 

腐敗しかけの魚や水っぽいお酒でした。

 

具視の意図を察した忠義は、

 

朝廷の家政(財政)の抜本的改革を行い、

 

二人の信頼関係が高まったとされています。


                                                                              小浜古文書の会  中島嘉文

 

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

ふるさと納税サイトさとふる
福井県小浜市ふるさと納税
 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1347
 
東北 1023
 
関東・信越 807
 
北陸・中部 807
 
関西 807
 
中国 915
 
四国 915
 
九州 1023
 
沖縄 1347

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。